読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UESUN’s blog

40前半のおっさんです。バイクとビール好き。

裏方ともてなしについて

友達 考える事 食いもん

 

f:id:UESUN27:20170312144034j:plain

 

内容が内容なので詳しくは書けませんが、私の仕事の中の一つに、顧客の団体が主催するハンズオントレーニングのサポートというのがあり、先週末参加してきました。

 

色んなトレーニングのサポートはあるのですが、今回は我々が扱ってるジャンルの製品では日本最大規模のトレーニングで、扱う分野故、一切のおふざけや冗談が許されません。とても厳粛な状態で、3日間、早朝から夜遅くまで行われます。普段は競合関係にある他社の連中とも、牽制し合いながらも協力し、ともにサポートしあいます。

 

失敗が許されない分野でもあり、精神的、肉体的にも疲労が大きいのですが、反面やりがいもあります。この期間、我々以上に顧客の方が精神的、肉体的にも疲労が強く、我々を労ってくれる余裕がある方はあまりいません。でも我々の仕事はトレーニングに100%集中してもらう事ですので、我々を気遣う余裕があるなら、その余裕をもっとトレーニングに向けて頂きたいので寧ろ本望です。あくまでも裏方であり、黒子。とは言え、後日声を掛けてくれたり、後になって、「あの時のトレーニングに参加出来て良かった」とか言われると救われます。今回も2泊3日で何とかやりきって、ヘロヘロで最終の新幹線で帰ってきましたけど、体力が弱ってたせいか体調を崩してしまいました。でも頑張ってよかった、「あの時裏で俺たちが支えた」と思えるだけで満足です。それが一番のモチベーションになって次に備えれます。

 

仕事でそういう事を定期的にしてきているので、プライベートでもイベントに参加すると、そういう裏方の人の動きに、他の人より目が行きやすかったりします。先日もプライベートのコミュニティでイベントに参加してきたのですが、主催してくれた人には勿論ですが、それ以上に感謝し、感動したのが、飲み物や食事を提供し、もてなしてくれた人です。

 

自慢するでもなく、特別高価な材料でも無いとのことでしたが、ちゃんと吟味した材料を使ってるのは、料理をしない私でも流石にわかりました。見た目同じ料理が入ってる鍋が2つあって、「なんで?」と思い聞いたら、参加者の連れてきたお子さん用と、大人向けの味付けが合わない人がいるからとの事で、同じ料理でもレシピを態々作り分ける心使い。10人以上参加する会だから、量だって大量で大変だった筈。食事もこんな感じなのだから、この人がより力を入れてる珈琲も最高だったのは当然で、出すタイミングも自然なタイミングで出てきたし、気が付いたら2杯目がカップに入ってました。

 

ポイントポイントでは気が付くのです。食事が出てきて「ありがとう」、食べて美味しいで「ありがとう」、珈琲の匂いがしたら、持参したマイカップに注がれていて「ありがとう」、無くなったなと思ったらおかわりが入っていて、「ありがとう」って感じで。イベントに集中していたせいもあるのですが、こういうポイントでしかその時は気が付かないんですけど、終わってからの余韻に浸ってる時に、ようやくその一連の「もてなし」に気が付く。裏方でみんなが楽しく心地よく過ごせるよう、集中できるようとの心配りと、ホスピタリティ精神が溢れてました。最後にお礼を言ったつもりですけど、慌ただしくてちゃんと言えなかったのが少し心残りです。

 

イベントというか、人と何かをやる時って、あるレベルまでの満足で良ければ、要領と慣れさえあれば、比較的簡単に達せられます。毎度毎度やってる事なら、「まあこんなもんだろ」で、簡単に準備できます。中には突発的に行う事もあるだろうし、手間暇かけれない時もあるでしょうし、基本的にはそれでいいと思います。

 

食事も別に持ち寄りでいいのかもしれません。適当にサンドイッチでも買って、コンビニの100円珈琲でもよかったのかもしれない、それだって十分美味しいから。スタバで集まってイベントをやるのもいいでしょう、座り心地の良いソファもあるし、安くて美味しい飲み物と食べ物が直ぐに買えます。大事な話や勉強は幾らだってできるでしょうし、大筋の目的は達せられます。8割方、9割方達成できます。

 

でもそれが、ちゃんとそういう集まりの為に考えられた場所で、食事もその為に考えて念入りに準備されたもので、こだわりのある珈琲とカップが準備された場と比べたらどうでしょう。皆が満足するよう、時間も掛けて、気を使って準備して、本番でも参加者に気を使わせないように努力してくれているとしたら。8割、9割の満足度が、限りなく100%に近づくのって、そういう努力をしてくれてる人がいるからなんだと思います。

 

細かい努力や心遣いの結果、小さい満足を積み上げていく。小さい満足って全体の満足度の中で1%とかそんなもの。その1%を刻む、その1%は大変で苦労するんです、でもこの1%に凄い価値があると思います。それも、その努力を回りが気が付いてくれるかどうかなんてわからない、報われないかもしれない。それでもやってくれてるって感謝しかやっぱりでません。

 

先週初めのイベントで、こういう「もてなし」てをして頂け、当然学びも大きく、とても楽しい時間になりました。改めて裏方や、もてなしに対する考え方を意識しましたし、この体験後、先週の後半、冒頭の仕事のイベントに向かい、それを生かすことが出来ました。

 

自分も人に何かをする時は、こういう気持ちを忘れずにいたいと思います。

ちんぴら認定されてますけど。

「うちの子」問題について

考える事 忘備録 家族 ネタ コンプレックス

f:id:UESUN27:20170303135357j:plain

 

昔、「うちの子です」といって愛犬や愛猫を紹介されるのに違和感があった。「うちの子」という以上、「家族」として扱ってるって事だし。それがなんか許せなかった。

 

別に悪気があるわけでは無いし、何も此方が傷つく事でもないのに、心の中で「いやいや、犬でしょ」って思ってた。犬でしょっていう事で、「人間とは違いますよね?」って当たり前のことを言って区別したがってた。今目の前で話をしている人と、俺の2人でこの空間を共有してますよねって、それは3人ではないでしょって。そこまで酷い人間ではないと信じてるけど、こう書くと犬や猫を当時の俺は「物」に近い形で見ていたのかもしれない。なんで目くじら立てて、喧嘩腰で、人間と他の生き物を必要以上に区別したがってたのか、自分でも良くわからない。勿論言葉には出さなかったけど。

 

ここ4,5年でそういう気持ちが無くなって、犬や猫を「家族」と思う人の気持ちが解って来たような気がする。犬や猫がいるから早く帰る人とか、旅行に行けない人が、ちょっと不思議というか価値観が解らなかったけど、自分にとって子供置いて旅行行けるか?お腹空かせてる子供ほっておいて夜中まで飲み歩くか?って言われたらしない、それと同じことなんだろうと腹落ちした。書くと当たり前すぎるんだけど、しっくり腹落ちした。心の中でも「ああ、かわいいお子さんですね」って本心で言えるようになってきた。

 

当時は人としてどうかなと思ってたから誰にも言わなかったけど、もう違うという事で。ペット好きなお友達の皆様、軽蔑しないでくださいませ。今は違いますから。

 

何が良いって犬や猫は「なんとなく」分かり合えそうなのがいい。言ってる事わかってくれてるんだろうけど、確実に伝わってるわけじゃないのがいい。そういう永遠に言葉で通じ合えない関係なのがいい。人間同士も100%は通じ合えないけど、犬猫の通じ合えない「なんとなく」の塩梅が丁度良いように思う。昔、犬猫の言葉を翻訳するっていうおもちゃがあったけど、アレは愚の骨頂だと個人的には思う。あの「何となく」が良いのに。

 

多分若い時は、この「なんとなく」を自分も人も動物も許せなかったのかなと思う。その辺が許せるようになってきて受け入れられるようになったんだと思う。

 

こっちの意志も「何となく」伝わって、向こうの意志も「なんとなく」わかってるよと、「なんとなく」伝える事が出来る動物と一緒に過ごしたい。

 

 

 

 

 

 

 

因みに、飼うなら柴犬が良いなと。あの凛々しい目つきに憧れる。疲れて帰ってきた金曜日にはハイボールを黙って作ってくれて、「お前は頑張ってるよ」って言ってもらいたい。仕事で自信を無くした時、またがらせてくれて、ナポレオンの肖像画みたいな荒ぶるポーズ撮ってfacebookで自慢したい。そんな柴犬と暮らしてみたい。

誰が見てるかわからない

考える事 ネタ 友達 コンプレックス

f:id:UESUN27:20170223023007j:plain

 

此処は私の自由帳みたいなもので、書きたい事を書き殴る場所です。100%誰にも遠慮なんかしてない、もう好き放題。そんなとこなのに、更新しましたってfacebookに書くと、70人前後の人が見てくれていてありがたいなと思ってます。まあでも70人と言うのは最初の頃のアクセス解析の結果で、今は見て無いからわからない。怖いから知りたくも無い。

 

ただ書く以上、折角だから見てもらいたいとは思うし、極々たまに人から「あれ面白かった」って言われることも嬉しい。幾ら好きな事を書き殴ると言っても、人に見られることを考えると多少は手直ししたりもする、こんなんでもしてるんです。カッコつけて「誰も見てくれなくてもいい!」とかそんな嘘はつかない。それならそもそも「更新致しました」なんて書かない。そんな中、読んでるのか、見てるのか、義理で開いただけかわからないけど、態々クリックして開いてくれてる。もう感謝しかない、ポッキーぐらいなら何も言わずに黙って全員に奢りたい。

 

でも本当は何時も1人をターゲットに文章を書いてる。それが知り合いであれ、知らない他人であれ、異性であれ、同性であれ、その時々のある特定の人に向けて書いてる。流石に好き放題とはいえ、ネットである以上ぼかしたりもするけど、大多数の人にとか、世に訴えたいとかではなく、あくまでも個人に投げてる。リアルで交流のある人なら、「自分の事だな」って聞いてくるし、言われなくてもバレてる感じはわかる。望んでる事はそれで、それを得られたら後はおまけみたいなもん。だから仮に69人の人が「何だこれ?」って思っても、その1人に伝わればいい、贅沢はあまり言わない。

 

そんな感じで今迄ちんたらきたのに、昨日呑んだ人から、「あの話が好きで共感できる」と昔書いた文章をいきなり挙げられた。ターゲットにはスル―された文章で、たまに感想くれる人からも「あの話は解り辛かった」と言われたり、今でもダメな意味で自分の印象に残ってる文章。それが今更堀り起こされて良かったって言われたからホント驚いた。

 

なんというか、facebookで大した量じゃないけど書き殴りはじめて以来、良かったとかイマイチだったとか、そういう反応も大凡想像通りというか、少なくとも驚くような反応は今迄無かった。ウケたりウケなかったり、その幅も大きかったり小さかったり、後で納得できたというか想定の範囲内ではあった。そんな中、ターゲットにしている人ですら、此方の考えや想いが上手く伝わってない時もあるのに、それを向けた人以上の強い共感、濃い反応が来て焦った。初めての想定外の反応と言うか、攻め込まれ方をされたような。お世辞か場の雰囲気で、繋ぎでそう言ったのかとも思ったけど、その話題で突っ込んだらちゃんと理解してくれてて、それを踏まえたうえで更に話が広がって面白かった。ホント良かった、深酒するぐらいよかった。

 

文章を公開するのって、思いのほか怖い事なのかもしれない。文字に残すというのは、そこを見れる人は何時でもどんな時でもその文章を受け取れるという事。目の前で反応見れないし訂正できない。どういう気分や感情の時にその文章を見たのかわからない。最終、どう解釈されたのかわからない。直接話すなら、相手の状況を見ながら、フィードバックを受けながら、言い方を変えたり、スピードを変えたり、語彙を変えたりする。最悪その話題を止める事だって出来る。でも書かれた文章はそれが出来ない。その文章を読んで、何等かの考えや印象を持つだろうし、その先はそれを私へ向けられる。時間が経つと受け取った人の中で更にそれは熟成されるだろうし、そうなるともうどういう方向に行くのか皆目わからない。今回は自分と同じ方向にドンピシャとハマった人だったから良かったけど、180度違う方向でバッチリ受信されちゃうとかなり面倒くさい事になるのかもしれない。炎上とかそもそも見てる人の数から考えたらあり得ないけど、でもなんか書く事の怖さも今更知ったような気がする。今更何言ってるのって感じだけど、それぐらい衝撃だった。

 

と言う訳でこういう面倒くさい事を考えなくて済むように、次回から「美味しいごはん屋さんを見つけちゃいました~」とか「アテクシのお気に入りヒーリングスポットご紹介!」とか「絶品スウィーツTOP10!」とかそういう方向に舵を切っていこうと思います。愛されるアテクシのアクセル全開でいきますんで。愛されたいので。

 

かしこ。

採用面接

仕事 友達 忘備録 東京

f:id:UESUN27:20170217023150j:plain

採用面接について。

 

お見合いと同じです

 

採用面接を受ける側も、開く側も経験したことがあるけど、基本新卒をなぎ倒して足斬りするような面接でもない限り、じっくりお互いを見合うために金よりも貴重な時間割いてる。お見合いみたいなもんです、ゆっくり話し合いましょうが基本、戦争するわけじゃないんだから、焦らずに。無理かもしれないけど焦らずに。

 

言わなくても良い事

 

実績や成してきたことは履歴書や職務経歴書に書いてるし、それ見たら読む人だれでも100%簡潔にわかるように書いてないとそもそもダメ。お見合い写真と同じ、きっちり化粧して見栄え良く、でも嘘じゃない自分が写ってる。それ見て面白いから、興味を惹かれたからお見合いの機会があるわけでしょう。だからそんな紙に書いてあることを改めてアピールするのは時間が勿体無い。聞かれない限りそういう事はいちいち言わなくてもOK。

 

嘘つくのはダメです

 

お見合い写真であなたを良いなと思って会ってるんだから、基本オッケーなわけです。肯定が前提、そこで嘘ついてもしょうがないと思う。嘘ついて変な気にいられ方してもあとでキツい。後で嘘つき呼ばわりされるような事言った先に幸せなんて見えない。採用面接はお互い仲間として、お互い幸せになれるかの確認なんだから、嘘ついても後でお互い苦しくなる。出来ない事を出来ると言って、出来ない事を大量に振られたり、やりたくない事をやりたいと言っても同じ。面接で嘘つくのはダメです。ここまで読んで嘘なんて言う訳ないと思ってると思いますが、人間緊張してテンパるとトンデモない事言って、その風呂敷たたむために自然に嘘つくときがあります、注意しましょう。

 

緊張はしてて当たり前、先ずは笑え

 

その後の生き方が変わる可能性がある採用面接で緊張しないような奴は、そもそも雇われるんじゃなくて起業してるような奴か、とんでもなく出来ない奴。その緊張を笑いに変えてしまいましょう。無理にひきつってでもいいので「緊張してるのでうまく話せないかもしれません、すみません」でアハハって引きつってでも笑ったら自分も楽になるし、面接するサイドだって暖かく笑えます。愛嬌でしょう、見合いだって緊張する。絶対最初に笑え。

 

先に結論を言いましょう

 

端から言うのは簡単だよなって思われるかもしれないけど、基本肯定してくれるんだから、言いたい事を自信もって簡潔に。質問や投げかけに簡潔に結論言ってしまって、その後になんでそう思うのかゆっくり付け足せば聞く方も楽だし、理解しやすい。テンパっても先に結論言ってるから大丈夫。で、最後に結論をもう一回言えば印象も強まります。

 

物語にしましょう

 

折角の本人同士のお見合いなんだから、何処かで書いてきたような、文章のような言い方はやめましょう。物語のようにというとハードル高いかもしれないけど、直属の上司やゼミの先生に話しかけるような感じにするのが、過剰にならずに、フランクにならなさ過ぎずで丁度いいんじゃないかと思います。綾瀬はるかに話しかけるのはガチガチになるし、国語の文章口調になるだろうけど、クラスのアイドルになら、ちょっと緊張しながらも、話すような感じで物語語れます。

 

結局熱意です

 

最後は「熱意」とか言うとお前はダサいと言われるかもしれないけど、やっぱりこれだと思います。「どーしても入りたいです、理屈は今まで言ってきた通りですけど、もうそんなのチャラでも良いので入りたいです、入って「何々」をやりたいです!」って喰らい付くべき。愛の告白。お見合い写真から気合の入った化粧も、みんなこの最後の一押しの為にあります。最後の最後、どんだけカッコ悪くても絶対本音で入りたい意志をおもくそぶつけてやりましょう。それで響かない会社なら、どれだけよく見えても多分あなたには向いてないという事だと思います。

 

偉そうに色々書きましたけど、唯一転職経験に関してだけはあなたより勝ってるので、言いたい事書かせて頂きました。

明日の健闘祈ってます。

 

跡継ぎ

仕事 家族 考える事

f:id:UESUN27:20170212080747j:plain

子供の頃から社長と言うのは憧れの対象であり、割と身近にいました。言うてもウチの母方の祖父なんですが、印刷会社を経営していました。従業員も20人位いて、3階建ての小さいながらも自社ビルの立派な会社でした。屋上にはペントハウスっていうんでしょうか、小屋と言うにはちょい広めな部屋がありまして、社長室とはまた別の祖父の個人的な部屋になっていました。汗にまみれて働いて、賞与の前の日は祖父が各々の従業員さん向けに一つ一つ封筒に現金を詰めてたのを思い出します。当時は景気が良かったので、札束がエラいことになっていました。あの時触った100万円の札束の感触は強烈で、あの日見た札束の群れを凌ぐ現金を目の前で見たのって、自分が不動産を買う時の頭金を出した時だから、それから20年も経ってから。兎に角会社と社長と言うのは祖父のイメージが強く、そのあとを継ぐ叔父とその息子(私の従兄弟)が羨ましくて仕方なかったです。

 

祖父、祖母には三姉妹がいまして、その長女がウチの母親なのですが、当然祖父は母が婿を取って後を継いでくれるように考えていたようです。事実、当時の女性には珍しかった大学の商学部にうちの母を入れたぐらいで、その辺の期待は大きかったんでしょう。ただ母は後を継がなかった。お見合い結婚なうちの両親ですから、その辺は結婚前に色々決まってそうですし、ダメならダメで破談なのが筋かと思うんですが、何故かそうなった。この辺りは息子でもデリケートな話なので中々聞けないのですが、何かあったのは間違いなく、兎に角そうなった。まあ破談なら私この場に居ないのでよかったんですけど。で、次女も拒否で、いよいよ最後の三女という事で、三女が婿を取って継ぎました。しかも長女次女はお見合いだったのに、三女は大恋愛というのがまた面白い。栃木の林業の家の長男ながら、東京の大学で青春を送り、何故か淡路島に婿としてきた叔父。栃木には海が無いのにいきなり島。因みに今の私があるのがこの叔父のおかげと言うか、30%ぐらいはこの人の影響で私が出来てます。

 

前置き無茶苦茶長くなったんですが、兎に角この叔父が継ぎ、その息子の従兄弟が印刷会社を継ぐことが確定なわけで、事実今は従兄弟が継いでます。昔は羨ましくて仕方なかった。叔父、従兄弟とは仲良かったので、その羨ましいという気持ちが変な方向に行く事は無かったのですが、やっぱり羨ましい、だって社長ですよ。今ほど起業のハードルが低くない時代に社長です、今でいう勝ち組だなって思ってた。そんな感じで小学校、中学校、高校ときて、大学時代は就職氷河期時代ですから、羨ましい気持ちがMAXだったような気がします。

 

で、私も無事ちんぴらバカボンながら新卒で会社に潜り込み、上手くいって挫折して、転職してまた仕事の面白さを知ってなんて忙しくしている間に、そういう社長とかに対する意識、関心が薄れてきつつも、叔父従兄弟との楽しい交流は続いていました。

 

10年ぐらい前からですかね、従兄弟が後を継ぐか継がないかあたりの時に、その「社長」と言う意識がまた出てきて、そのフィルターで彼を見るとあんまり楽しそうに見えなかったんです。町内会の集まり、消防団、PTA役員活動は勿論、子供の卒業後も公立学校に対するボランティア、地元自営業者の集まり、その中でも印刷業者での集まり等々。地元で芸能人がディナーショーをやる時は横の繋がりでチケットを引き受けたりとかも。これは普通の民間企業でもあるかもしれないけど、顧客との付き合いも大切です。なんせ先代から続いてる付き合いですから、断るハードルが私のハードルとは次元が違います、毎週1回は使う運転代行代も馬鹿にならないとか。全部実質的な拒否権が無いんです。先代と同じような付き合いを求められてそれが当たり前。中々しんどいよなと思う訳です。そういうの子供の頃や若い時は見えなかった。

 

いい歳になって何となく家の仕事を継ぐ息苦しさ的なものが見えてきたというか。たまに従兄弟とは吞むんですけど、一回だけふと「本当は長女の息子の私が今頃継いでる筈だったんじゃないの?なんでこうなってるの?」って酔った勢いで言われてしまって、上手く答えれませんでした。

 

キツい言い方をすると家の仕事と地元に縛られる、自由が無い。レールに縛られるって言い方は好きじゃないんですけど、割と自由にやってきた私からしたらそうなのかなと思います。私が車で、荒地なんかも比較的走って開拓できるSUVなら、彼は電車みたいなもので行き先が決まってる。まだ目的地の駅やレールがしっかりしてたらいいんだけど、業界も先細りで厳しい、ゴールの駅は無くなってるのかもしれない。気が付いたらペントハウスは物置になってたし、自社ビルもメンテが出来ずにくたびれてるし、20人ぐらいいた従業員はもういません、従兄弟夫妻に叔父と叔母の4人で回してます。彼にも子供がいるんですが、もう継がせない、彼の代で終わりにするのは決めているようです。

 

こっちは子供のころから彼の立場を羨ましく思ってたけど、ある時期を境にそれが反対になって、彼が俺を羨ましく見ていました。チャレンジしたかったけどそれが出来なかったし、そんな意志を表示する機会も空気すらなかった。私は当たり前のように自由にチャレンジして、良い目にも痛い目にも合ってきたけど、彼にはそれが羨ましくて仕方なかった。

 

 従兄弟の回りも代変わりしつつあり 、昔の変な習慣や、しがらみは無くしていこうという流れになっていってるとの事で、少しずつまた変わっていくんでしょう。少しでも楽になればと願ってます。

 

勘違いして欲しくないんだけど、別に先代の跡を継ぐという事を辞めようとか駄目とか言ってるんじゃないんです。選択の自由を上げようという事で、それは表向きの事じゃなくて真の意味で選択させてあげたいという事なんです。

 

色々あるし、継ぐ意思のある人は背負ったらいいと思う。継いだからこその積み重ねで更に大きなものが見えたり、得たりもすると思う。でも望まないのに、違う道が眩しく見えてるのにそれにチャレンジすら出来ず、泣く泣く諦めたりするような世の中の空気は無くしたいなと思います。

 

全ての跡継ぎの皆様、お疲れ様です。

多趣味のススメ

ネタ 京都 友達 考える事

 

f:id:UESUN27:20170207200148j:plain

趣味ってあります?

どんな趣味ですか?

幾つ趣味ありますか?

その趣味をベースに人とつながってますか?

 

ゲームが大好きでした。学生の頃、間抜け面下げて「趣味はゲームです」って堂々と言ってました。言われた人の半分ぐらいは「趣味じゃなくて遊びやろ」って態度でしたけど、今でいうリア充みたいな奴ら、鴨川に等間隔で座ってそうな奴らには特に馬鹿にされてたと思う。

 

ゲームって将棋とか囲碁とか、百歩譲ってオセロとかじゃなくてTVゲームな所が余計そういう雰囲気を作ったのかもしれない。ファミコン世代バリバリの中年ですが、ウチの親父が理系の新しモノ好きという事もあって、ファミコン以前のインベーダーゲームを買ってもらってやり始めていたという筋金入りです。その後は順調にファミコンスーパーファミコンメガドライブセガ党なんです!)、プレステ等、順調にゲーム人生を歩みつつ、社会人になってもやっぱりゲームにハマってました。20代後半はバイオハザードというネット経由のゲームで、遠隔地の友人や見知らぬ人と一緒に深夜になってもやってました。兎に角ゲーム好きだった、本当に大好きでした。

 

過去形なのはもうやってないからで、多分最後にゲームやったの10年以上前。綺麗さっぱりやらなくなって、あのジャンキーの如くゲームやってた自分が全くやらないなんて、当時の自分からしたら信じられないと思う。仕事や家族、他の趣味に忙しくなったとか色々あるけどそんなの言い訳で、本当にやりたかったら時間作ってやってる筈。なんでやめれたのかズーッと不思議だったんだけど、この間ようやくわかった。友達がゲームをやめたからだわ。1人でやっても面白くなくなってしまったから。

 

思えば子供の頃からゲームには何かしらの誰かとの交流がセットだった。子供の頃は学校の同級生だし、大学の時も友達と一緒に。社会人になったら同じゲームセンターを根城にしてる、本名も年齢も何してるのかも知らない知り合い。もう本当にゲームは楽しかったんだけど、ゲームを通じての人とのつながりが何より楽しかった。一緒にやるから楽しかったし、あれだけ熱くなれたし、ハマれた。ほれ見ろ鴨川の奴ら、これだけ熱く人とつながる事が出来るゲームは、やっぱり立派な趣味だろうが!

 

社会人になると急に社交の場が狭まります。仕事が面白いのは結構なんですけど、熱中するあまり、仕事のつながりの輪しか無くなったなんて危なっかしい。転職したり辞めたら急に縁が無くなるかもしれないし、今の会社や組織、役職でつながってるだけかもしれません(自分はそう思ってなくても)。

 

無趣味で定年迎えて、誰とつながってますか?配偶者に子供が2人いたとしても、3人しかつながってる人いなくなりますよ。で、今の世の中それすら危うくないですか?寿命もこれから延びていきます。ゆるいつながりが楽しく生きるセーフティーネットになります。人間一人になると寿命が縮みます。

 

趣味があればその趣味を軸に人とつながれます。同じ趣味なら年齢も性別も関係ありません。上下関係も、ややこしい金銭を中心とした仕事のようなしがらみもありません。世代も性別も超えてつながれる輪なんて趣味ぐらいじゃないと難しいでしょう。小学生からその輪に入ってもいいし、おじいちゃん、おばあちゃんになっても輪で楽しさと刺激をもらい、与えましょう。その趣味を極めてる小学生には羨望の眼差しを送って教えを乞うてもいいし、まだまだ未熟なハゲちゃびんな中小企業の部長には、愛のあるしごきをしてもいいでしょう。

そして趣味の輪に入り仲良くなれば、さらに別の趣味の輪を紹介してもらえるかもしれません。輪がもっともっと広がっていきます。 

 

無趣味の方、とりあえずなんかやってみましょうよ。趣味持ってる人も1つ2つではなく、5つ6つと増やしましょう。少しでも興味あるものにはどんどん首突っ込みましょう、節操がないくらいでもいいと思います。周りになんかやってる人いるでしょうから、声かけてみて、やってる趣味ちょっとかじらせてもらいましょうよ、先ずは食わず嫌いを辞めて、色々やってみる。一回経験してみて嫌ならやめたらいいだけだし、思いのほか楽しいかもしれません。アタリ見つけたらラッキーで。

 

で、いい感じの趣味見つけたら、その趣味の輪みたいなのになんとか潜り込みましょう。Facebookでもなんでもいいので、そう言う輪なんて幾らでもあると思います。ちょっとの勇気が確かに要りますけど、大抵の所は新参者でも歓迎してくれるんじゃないでしょうか。誰だって仲間が増えるのは嬉しいと思うし、いい意味でおせっかいな人がいれば向こうも此方もハッピーです。万が一弾かれるようなら、そんな新しい人を入れないような組織は新陳代謝起こせずそのうちにダメになっていくので、此方から願い下げです。内々のマニアが輪を潰すなんてよくある話で。

  

バイクとジョギングぐらいしかない趣味を増やすべく、嫌でスルーしてた釣りや料理のお誘い、ダメもとで受けてみようと思います。「騙されたと思って」って地雷の言葉だけど、面白い可能性10%も無いかもしれないけど、チャレンジしてみようと思います。

 

何ならもう一回、友達誘ってゲームやってみるかもしれません。そん時は灰皿投げつけるほどまた熱くなれたらいいなとは思う、投げないけど、投げそうになるとは思うけど。

OSの先をどうするか

考える事 友達

f:id:UESUN27:20170203135925j:plain

文章を書くという事は、自分が考えた事や問いを他の人に投げて、「理解」してもらうためです。ですよね?

 

このデジタルな世の中、AIが凄く進んでいて、シンギュラリティすらそう遠くない内に現実になるんじゃないかって中、随分まだまだアナログな感じがします。砂に指で書いてたのが筆になり、鉛筆になって、それがボールペンからPCのキー、スマホのフリックに、音声入力になっても、何らかの物理的な形にいったん変換して、言葉にしなきゃならない。アナログでデジタルじゃない、曖昧なアナログだから、書いててどれだけ自分の馬鹿な考えが、読んでくれてる方に伝わってるのか不安になります。別にブログだけでなく、どっかの書き込みでもそうだし、直接しゃべっていてもそう。頭に電極刺す時代はこの問題を乗り越えてるかもしれないけど、まだ先です。

 

私の母語は日本語だし、頭の中は日本語で物事を考えてます。私の文章を見てもらう方も、母語が日本語では無くても、日本語を理解してくれる方を想定してます。日本語で書いてて日本語で理解するって、最低限「OS」が先ずは同じという事なんです。OSが同じだから、別に上手に書かなくても、何となく70%ぐらいは言いたい事伝わるのかな、あくまでも個人的にそう思うだけですけど。で、日本語と言う共通OSの先は各々のカスタマイズされた世界が広がってるわけです。その人なりの人生の経験や学習した感覚がある、それをベースに言葉を受け取り、頭の中で展開再現する。

 

私が外出て風が強いなって感じたら、「外は風が強かった」って書きます。風が強かったって「強い」ってどれぐらい?「家の外は風が飛ばされそうなほど強かった」って書いても「飛ばされそうな」ってどれぐらい?になる。全部主観的です、主観的は個々の観測に基づくものだから、私と他の方は100%同じものを頭の中で再現できない訳です。やっぱり電極指さないと延々と続く。

 

頭の中と頭の中を繋ぐ、翻訳するものは言葉しかない。アナログでノイズにまみれたり、何か欠けていたりする。だから人とのやり取りの手段としての言葉は、どこかで妥協しなきゃならない。もどかしさが凄いわけです。それでも言葉で紡いでいかないとしょうがないんですが。

 

ありがたい話なんですが、私の落書きブログは更新すると約70人の方がからかいに来てくれてるようなのです。これ読んでるあなたもその一人、ばれてまっせ。ならその70人全員受け取るものが違う訳ですよね、OSの先が違うわけだから。なんかそれがもどかしいというか、怖いというか残念というか。目の前にいて反応見て、追加とか訂正とかできたらちょっとはマシだけど、webだからそんな訳にはいかない。精々facebookに反応を書いてもらえて、それに返事を書かせて頂けるだけ。凄く嬉しいけどそれぐらいしか出来ない。

 

役に立つことなんて0%、何も書いてないけど、思ったことは出来るだけ100%届くようにしたいなと思ってるんです。馬鹿な事書いてるなでもいいんです、本当に馬鹿なこと書いてるんだから。でもその馬鹿な事が「私の考えてる馬鹿な事」と、あなたが受け取ってくれて「頭に再現された馬鹿な事」が限りなく同じにしたいんです。100%は無理かもしれないけど、今が70%なら80%、90%、91・92・93・・・・って99%にしていきたい。

 

もっともっと言葉を勉強しないといけないなと痛感するし、言葉使いにも注意しないといけない。今この思いを伝えるのは、この人にはどんな言葉でどんな間で、どんなペースで伝えないといけないのか。

 

文章って難しいです。