UESUN’s blog

40前半のおっさんです。バイクとビール好き。

クラブのママさんとTシャツジーンズさんと俺(携帯会社の話です)

f:id:UESUN27:20170113143310j:plain

感覚では大手キャリアからMVNOに乗り換えたらかなり安くなると解ってはいたものの、先月友人の寺澤夫妻から講義を受けるまでその詳細を知らず。で、知った以上これはやらなければと思い、デカい象さんを動かして、講義の際にもらった資料を見直し、昨日は実店舗まで訪問して内容の確認。乗り換え候補キャリアの推薦店にもかかわらず、この実店舗の人が良く解ってなかったのと、店員さんがそもそもコミュニケーションが苦手なタイプなのか、主語述語目的語がはっきりしない感じで、おまけに目が虚ろで早々に退散。唯一わかったのが、店ではなーんもできないという事。『自分で申し込んでやってみて、駄目だったら持って来い、但し横で見ていてやるだけで、設定するのはおまえやで、ほんで3,000円もらいます』という事らしい。

 

これでようやく本気モードになり、色々調べるが、結局良く解らなくなって元のキャリアと乗り換え先にも確認、ここからがスタート。

 

元のキャリアは流石の余裕、セレブなお大臣様な感じで、さながらクラブのママさんみたいな感じの電話応対で親切丁寧に教えてくれた。ただ言葉の端々になんとか引き留めようとする言葉を『必死じゃなさそうな感じ』で入れてきて、「あと4ヶ月待ったらホニャララ」とか、「せっかくなので、この端末の解約タイミングに合わせたら・・・」みたいな。流石だな~と、やっぱり流出は続いてるんだから、その辺はちゃんと想定訓練し対策立ててるんだなと。割とこの段階で止められちゃう人も多そうな感じがした。

 

半面移り先はさっぱりあっさりしたもので、チャットでの対応。そんなことないんだろうけど、イメージ的にはTシャツにジーンズな若人が、スマホでさらさら~って答えてる感じがした。ずっと愛用してるDELLのサポートもそうなんだけど、チャットの方がこちらも聞きやすいし、文字に残るから言った言わないも無い。ダラダラしゃべる事も無いし、聞きたい事を要点絞って聞けるし、向こうも応えやすいから効率がいい。人件費削減の意味もあってチャットなんだろうけど、通信キャリアだけで無く、サポートセンターの類は全部チャットにしたらいいのにと思う。

 

そんなこんなで苦労の末ようやく手続きは何とかなり、後はSIMカードが送られてくるだけまでようやく進めた。予定では40%ぐらい月々の通信費が下がる予定。それでも保証を付けたり、通信費を多めに見積もってなので、そのうちまたプランを変えてもっと下げる方向に移せるかもしれない。

 

ここまで来て、意外にも大手キャリアに対する心象が上がった。通信費が「ボッタクリ」的な言われ方もたまにするけど、まあその金額に見合うだけのサービスは確かにしてるのかなと思う。あんなクラブばりの親切丁寧な対応や、奇麗な実店舗も構えて「電話番号ボタンが無いけどどこ?」レベルの高齢者がiPhone握りしめてきても、笑顔で優秀なスタッフが親切丁寧な対応するんだから、それだけの金額が掛かってもしょうがない。今回色々自分でも調べることになったし、動きもしたけど、そんな手間や労力も無しで、毎月定額で最新のiPhoneタブレットを、何も考えずに使いたい放題使える生活も決して悪いとは思わない(嫌味でなく本心で)。その費用としてみたら前の金額でもそうは高くなかったなとは正直思った。

 

俺の人生、今までの流れを考えると多分新しいSIM刺して、「ハイ、設定完了!」にはならないと思う。Tシャツジーンズさん、頼りにしてます。