読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UESUN’s blog

40前半のおっさんです。バイクとビール好き。

ハレとケを無くす

f:id:UESUN27:20170130045226j:plain

昨日1号バイクの初乗りでした。

 

またお前のバイクポエムかって話なんですけど、事はそう単純な話では無いので最後まで。バイク自体の初乗りは1月7日に済ませてるのですが、貧乏人のくせに私はバイクを2台持ってまして、初乗りは2号機、7日は雪の積もる京都の山奥の美山に牛乳ソフトクリームを食いに行くという、興味無い人からしたら頭おかしいんじゃないかという初乗り。で、本命、本妻の1号機さんにも何処か連れてってやらないといけない訳で、色々考えたのですが、私の定番にしている京都の山奥や奈良、三重の山間は雪や凍結のリスクが高く、結局考えて和歌山市に向かいました。

 

和歌山市って物凄く行ってるのです、最盛期は週に三日程朝から晩まで。おまけに追加で後一日は和歌山県和歌山市以外に。何の事は無い、仕事で担当していたって事なんですけど、数度の転職の中で何故か和歌山県和歌山市には縁があり、頻度の差はあれ計10年程和歌山には通ってます。でもプライベートでは今まで1回しか行ったことが無いんです。しかも市内じゃない白浜(知らない人に説明すると関西では温泉、海で有名、しかも上野動物園では珍重されてるパンダが当たり前のようにいる)に遊びに行ったぐらいで、帰りにお約束のパンダ見て帰って来たという。出不精な方でもないので、ちょこちょこ色んなとこには行ってるんですが、意図的に避けてたんです。まあ避けてなくても和歌山市ってあんまり行く所ないかもしれないけど。

 

私だけかもしれないんですが、結構な期間、仕事は成果とかそんな事の前に「しんどい事」で無ければいけないって思い込みがありました。生まれたばかりのヒナが初めて見たものを親と思いこむ「刷り込み」宜しく、私が大学出て初めて入った会社が体育会系も体育会系、仕事が楽しいなんて言おうもんなら気合が入ってないって殴られてもおかしくない、事実キツい仕事でした。その意識がずっと残ってたというか取り付かれていました。仕事はしんどい事、そんなしんどい事を思い起こさせる仕事の手帳は、休日には見るどころか触りたくもない、仕事とプライベートの手帳は完全に別。金曜日の深夜に会社を出た瞬間、圧倒的開放、土曜、日曜の昼過ぎまで娑婆でパラダイス。「サザエさん症候群」どころか、夕方からすでに憂鬱で、月曜日の朝なんか戦争でも始まって会社に行けなくなったら良いのにって本気で思ってました。もうこんなの会社の懲役囚だろって感じで、今考えると色々笑っちゃうんだけど。でも当時は本気でそんな状況で、そんな状況なら、仕事してる地域に1cmでも入りたくないって気持ち、解ってもらえるんじゃないかと思います。

 

転職して業界も変わってそんな事は無くなったんですけど、それは刷り込みですから、自然とそういう意識が残ってるんですね。だから10年近く、仕事では頻繁に行く、何なら、和歌山出身者だけど他所で住んでる人より詳しくなってるような状況になっても、やっぱりプライベートでは寄り付かない感じで。でもいい加減そういう気持ちから自分を解放しないと可能性が狭まるなって思い、バイクのツーリング先って言い訳しつつ、それでようやく和歌山市に。

 

もー不思議、凄い不思議、何これ?って感じ。

 

何時もは戦闘モード、車でハンズフリーで代理店担当者や同僚、何ならクレーム対応で頭下げながら、それでもエアコンで快適な環境で、デフォは英語のリスニングテキストが流れつつ、時にはTVのワイドショーで川谷は本当にゲスだったけど、ベッキーもアレはアレで大したもんだな的な情報を得てたのに(例えが古すぎ)、今日は1号さんバイクでヘルメット越しの世界、寒さもダイレクト、並走する車が跳ねる小石がカンカン当たるなんてありえない。よく知ってる、なんなら信号のタイミングもわかるぐらい見慣れた景色なのに、見てる視野は全然違う、夢見てるんじゃないかって経験だった。土日には私の日本地図から消えていた和歌山市が確かに実在してた。

 

物凄い失礼な、あくまでも私個人の話として許して欲しいんですが、和歌山市って自分の中では仕事という何処か本当の自分のいる場所とは違う、「ケガレ」の場所だったのに、それが「ハレ」の世界にやって来たって感じ。お前何言っちゃってるの?って感じかもしれないけど、兎に角凄い経験でした。最後は一応目的にしていた淡嶋神社という、和歌山市の端で我がルーツの淡路島を眺めて帰ってきました。因みにここは人形が万単位で奉納されてるのが有名なんだけど、そんなの見る精神的余裕はなく昨日は終了。

 

仕事って人によってそのスタンスがかなり違うと思います。勿論社会人成り立ての頃と、リタイア間近ではまたちょっと違うかもしれないけど。私を含めてみんな仕事に随分囚われ過ぎてるような気がします。ちゃんとしなきゃとか、成果を出さないと首になるとか、組織に貢献しないとお荷物になるとか。そりゃ仕事ですから職種によっては自他の安全性に関わったり、消費者に多大な迷惑をかけるようなものもあるでしょうから、不真面目はダメでしょう。でもなんか死にそうな顔して毎朝電車に乗るのもどうなのかと思うのです。

 

仕事をしている自分とプライベートの自分が半々位で、それが合わさって一人の自分ではなく、一人の自分がまずあって、その中のあくまでも一部に仕事をしている自分がいる、それぐらいの考えが丁度良いのかなと思います。仕事で失敗しても、仲間との出世レースから脱落しても、仮にクビになっても、笑って「そんな時もあるわ」って思える方が人間らしい。そしてそんな人間の方がタフだろうし、結果的に生み出すものも大きいんじゃないかと思う。

 

もっとプライベートと仕事をシームレスにしたい。一週間の中、週休二日なら土日が解放された休みで、残り5日はほぼ奴隷みたいな感覚から抜けたい。なんなら7日間中ずっと休みで、休みの暇つぶしの一環で仕事を真面目にやるって感じにしたい。繰り返すけどそれぐらいの気持ちの余裕を持った方が生み出すものも大きい筈。「仕事はしなきゃいけないもの」って意識から、少しだけ解放されたらみんな楽になるのにな~って、ずっと束縛されてた私が言える事でもないのに、そんな事を思いながら帰りましたとさ。

 

で、渾身のグルメレポートの件ですが、仕事してる時にたまに食べた和歌山ラーメンの店は何時ものように其処にあって、何時ものような味でした。特別上手くも不味くもなく、何時もの普通の味でした。グルメレポート終わり。

 

かしこ。

 

えーご

英語の勉強って大変です、しんどいです。

 

日本に生まれた我々は、赤ん坊の時から日本語で育ち、情緒も趣もみんな日本語で心の中に紡いできてます。心の中で自然に沸き起こる内なる感情は、日本語で出てくるのが当り前です。言葉ってそんなもんです、他の人に自分の意志や感情を伝える手段だけではない、心の内を司るものは日本の言葉、日本語でしょう。

 

学生時代、英語が大っ嫌いでした。ていうか、此処は日本で俺は日本人で、周りの友達も知り合いも皆日本人、日本語で話は伝わるし、何不自由無く意思疎通できる。何で態々外国の言葉学ばなあかんのよって思っていました。

 

でもある日ふと気が付くのです、我ら日本人は「世界」という世の中で少数派なんだって。それまでの世の中って日本だけでしたけど、本当の世の中って「世界」の世の中なわけです。で、残念ながらその「世界」で日本語は通じないんです。

 

共通語があるんです、だって中国人と話す時に中国語を学んで話して、ドイツ人と話す時にドイツ語を学んで話して、ロシア人と話す時にロシア語を学び話す、ケニヤ人の時はスワヒリ語。そんなの無茶苦茶大変でしょう、何か国語覚えなきゃいけないのよ。だから共通語があるんです、それが英語なんです。一つの言語、英語を学べば通じあえる。

 

だから英語なんて手段でしかないんです、各々の情緒も、趣も、心の中で自然に沸き起こる内なる感情をも伝える只の手段なんです。

 

で、その手段を学ぶのに苦労してるんです。そりゃしんどいですよ、自分の国の言葉=情緒も趣も心の中で自然に沸き起こる内なる感情なわけで、もうそれって人格なわけです。日本語があるのに他の言葉を入れるって、ある意味違う人格を自分の中に創らないといけないって事なんだと思います。そらしんどいわ。

 

でもです、でもですよ、それだけしんどくても学ぶ価値があると思うんです。我々日本語を母国語にしてる人口は約1億2千万人。ではそれ以外の人って世界でどれだけいるのって、約72億いるわけです。72億て60倍でしょ、60倍なんですよ。

 

親友って何人います?

友達は?

親友っていても5人ぐらいでしょうか、友達もダンパー数から考えたら150人いたら凄いでしょう、その60倍ってどういう事よってなりません?

親友300人いたら無茶苦茶人生楽しいと思いません?

だって毎日違う親友と遊んでも、ほぼ10か月回るわけです。

これは凄いと思う訳ですよ。

 

英語を学べたらこれが現実になる可能性があるわけです。もー凄くないですか?、ワクワクしません?

非現実的なこと言ってるかもしれない、ただの屁理屈かもしれない、でも可能性あるわけですよ、世界中で親友が300人出来る可能性が。

 

という訳で、私を含めて英語を今頑張って勉強してる人にこの落書きを捧げます。

皆で頑張りましょうね。

 

選ばれるという事

あてくしの大事なお友達に何事にも大変パワフルな方がおられまして、その方が怯むのなんて今まで見たことが無いし、先ず想像もつかなかったのですが、その方が「不安だ」とメッセンジャーで発してきました。

 

「どーしたん?」と聞くと、ある集まりに選ばれて参加する事になったが、そのメンバーが凄まじいとの事。詳細は書けませんが、遊びで無く、ちょっとした成果を求められる集まりです。他のメンバーをお聞きすると、皆その筋では名の通った方ばかりで、特に私もその中の一人の方には大変御世話になっていたりもします。確かにこの中に放り込まれたらなーってそれは納得です。強いて言うなら「You、入っちゃいなよ」って急にジャニーさんに言われて明日から嵐のメンバーになるようなもの。それは俺もジャニーズ系だけれども、愛されキャラではあるけれども、40歳超えてはいるけれども。そら怖いわ。

 

選ばれて集まって何かをするという事は、その集まった集団や、その集団の先にあるものに、自分オリジナルの価値を与えないといけないという事なんでしょう。その凄い面子の方々が出す価値と同じレベルで、違う価値を出さないといけない。多くの候補の中から選ばれたんだから、それを期待されているという事です。そう思うと、何となく張り合わないといけないプレッシャーを感じるのはしょうがないのかもしれない。

 

まあでも張り合うというようなニュアンスじゃなくて、もっと緩く、これはその集まった人達でアイドルグループを作るような感じでいいのではと思うのです。よくわかんないんだけど、嵐でも各々キャラクター違うから、「和」で人気があるんでしょう。全員松潤だったら胸焼けするでしょ、あんな濃い顔だけでなく、大野君みたいなのがいるから丁度いい(大野君をdisるわけでは毛頭ありません)。

 

派手な成果を出してる人もいれば、目立たないけどよく見たら味のある、独特の成果を出している人もいます。勿論私の友達もそう、オリジナルの素晴らしい成果を出してます。みんな違うんだし、その中で集まりという機会に恵まれたのだから、当日はその面子を見て、全体のパズルが上手く完成するような、総和が最大になるような動きをすればいいのかなと。ピンで呼ばれたのではなく集まりとして呼ばれた。そこがキーなのかと思います。和を成して、初めて個が成せるというか。

 

そんな事を考えながら、なんかメッセンジャーでテキトーな事言ってたら、「お、ええこと言うな、そうやな、バット振り回してくるわ、かっ飛ばしてくるわ」って発言を引き出すまで11分。普通だと2,3日悩みそうなもんでしょうが、この11分で変わることが出来るのが、この人の一番強い所かもしれない。演技が上手で不安な気持ちを出さずに頑張ろうとしてもいるんでしょうけど。

 

別に殺されるわけじゃないんだし、そもそも戦いでも競争ですらないんだから、何時も我々を驚かしてくれるパワーを見せつけてきて欲しいものです。普段のあなたを出せば間違いなく盛り上がるだろうし、活躍できると周りの私たちは確信してます。上手くいっても、万が一今一つな感じでも、どっち転んでも得るものデカいでしょう。

 

兎に角やりたいようにやってきてくださいませ。

帰って来てから、から揚げとビールでうぇーいとお祝い致しましょう。

おごりますので。 

コミュニティに恵まれてる事

同じコミュニティに所属するお友達4人と京都に湯豆腐食べに行ってきました。以前近くに行った時に「これは!」と思ったお店ながら、諸事情で断腸の思いで諦めたお店なんですが、今回リベンジ叶いました。折しも大寒波で、京都は雪が凄い事になってましたが、着いてしまえば逆に素晴らしいロケーションでいう事なし。最高の景色の中、湯豆腐も美味しく、お酒もちょっと吞んで、ホンマええ感じの大人の遠足といったところです。

 

湯豆腐後は、「せっかく京都に行くんなら我々セレブにふさわしいお店!」という事で、メンバーが探してくれたお洒落過ぎる洋菓子屋さんでお茶とケーキ。大雪の中、「ダイヤが乱れまくってるバスなんか待ってられへん!」とばかりに、雪中行軍さながら歩いて行ったんですけど、ほろ酔いも一発で吹っ飛ぶ寒さ。でも歩きながらだからこそ出来る、濃い話が出来て逆に良かった。お店も流石というか、随分混んでて1時間後にようやくケーキとお茶でした。待った甲斐ありました、語彙力が無いのでちゃんと伝えられないのが悔しいぐらい美味しい。あと多分、4桁円のケーキを自腹で食べるのは人生最初で最後でしょう。

 

社会人になってから集まる「輪」って、何らかのしがらみがあったりします。趣味がきっかけならその話題中心になりがちだし、皆拘りがあるから同じ方向性の人ばかりが集まりやすい。そんな中では、違う価値観を押し出すとハブられたりとか、意外と窮屈だったりします。実際私も趣味で所属していたコミュニティ2つが、内部分裂して結局消滅してしまった残念な経験があります。

 

でもこのコミュニティは自己啓発系ながら絶妙な具合の繋がりで、みなバラバラ、思い思いのペースで成長し合えて、お互い励まし合ったり、支え合えてるのが居心地が良くて凄く楽しい。投資も何にするべきか、家を買うのか買わないのか、車は新車?、中古車?、いやいやレンタカーって意見も違ったし、どんな生き方が理想かもかなり人によって考えが違います。薄い繋がりと書くと語弊があるけど、性別も年齢もバックボーンも全然違う5人で、そのコミュニティだけが共通項です。だからこそみんなバラバラの価値観なんだろうし、そのコミュニティに所属してるから変な人ではないだろうという安心感から、言いたい事も楽しく言い合えるんでしょう。いいコミュニティとお友達に恵まれたと思います。

 

このメンバーだけでまた集まるってもう無いのかな。別に合わないという訳では無くて、この5人ジャストが無いという事。4人や3人や、6人や7人はあると思いますけど、この5人「だけ」ってのはもうないのかなと。それってちょっと悲しい気もしないでもないけど、いつまでもこの5人だけで集まってても多分進歩も無いと思うし。

 

おおらかな優しさを何時も感じさせつつ、締める時はしっかり締める正にリーダー

ちゃきちゃきしてるのに、ちゃんと先回りして細かい予定をしっかり立て、皆を誘導してくれる女優

おっとり大人しい方に見えながら、海外に国内に飛び回り、巫女さんまでやるアクティブセラピスト

エネルギーの塊のような人で、理屈抜きで誰にでも平等で、明るく楽しい気分にさせる新鋭起業家

 

当日、その素晴らしい人たちの中に交じったちんぴら一匹ですが、ホント楽しかった。

 

やっぱり前言ひるがえします、また行きましょう。

4桁円のケーキまだまだたくさんありましたしね。

f:id:UESUN27:20170117003705j:plain

甘い物たくさん食べてください

この4日間の間に義母に会いに大阪と福島を二往復しました。8日の朝一の大阪空港発、福島空港行は、同時刻の成田行きが満員で大混雑の中、わずか8名でガラガラ、貸し切り状態です。飛行機で貸し切りなんてプライベートジェット気分で中々得難い体験でした。こんな得難い体験をさせてくれたお義母さんには感謝しないといけないと思いつつ、福島に到着、約1時間後、病理解剖が終わったお義母さんにようやく会えました。

 

6日の夜に背中の痛みで急遽入院、ただ糖尿病(不摂生で発病したわけではありません)と、ここ数年は腰痛絡みでずっと通院していた事もあり、最初は本人も家族もその延長みたいな認識でした。休み明けの10日に腰の検査をして、今後の治療方針を検討するって話だったのに。7日の深夜に逝ってしまわれました。入院時のMRIで、肺に影があると言われたので癌かと疑ったのですが、解剖の結果癌とは思えないとの事。もう暫く死因の原因解明には時間が掛かりますが、医療ミスではなかったと信じたいです。

 

言いようのない気持ちが溢れますが、こうも人間は儚いのかとショックを受けました。命は思っている以上に、脆い不安定なものなんだと思います。殆どの人がそうでしょうけど、「この時間に死ぬ」なんてわからなくて、ひょっとしたら明日どころか、10分後に心筋梗塞で倒れるかもしれません。40代にもなれば、やはり繋がりのある人の親や親族が亡くなって、その事を生の言葉としても聞いたりもします。理屈ではわかるし、理解はしていたつもりなんですが、例えそれが義理だとは言え、自分の親に降りかかって初めて圧倒的な現実として突き刺さりました。本当に本当に我が身に降りかからないとわからないんですね。

 

そして残される側でもなく、残してしまう側として、私も何時死ぬかわからないという事が本当に腹落ちしました。仮に今死んだとして、残してしまう家族がやはり心配です。ただそれとはまた別の問題として、自分自身、今終わったとして満足なのかと問われたとしたら、悔いが無いかと問われたとしたら。

 

随分色んなことを積極的にやって人生楽しんでるつもりでしたけど、「じゃあ明日目を覚まさなかったとして思い残す事は無いのか?」と問われればあるんです。なので万が一そうなったとしても、できるだけ後悔しない生き方をしようと決めました。当たり前すぎる事ですが、少しでも興味を持ったことはとりあえずやってみたいと思います。

 

18歳の時、看護師になるために試験と健康診断を受けた際に糖尿病が判明、以来大好きな甘い物も殆ど食べれず、頑張ってこられてきましたが、最後は沢山の甘い物も一緒に持って行ってもらいました、もう我慢しなくてもいいので。

 

最後に「後悔のない生き方をする」という大切な教えを頂きました。

ありがとうございました。

カッコいい仕事

f:id:UESUN27:20170113135044j:plain

いやーまいった、明日1月4日の仕事始めに備えて、積みっぱなしの資料を取り出そうと、会社から貸与されてるトヨタ プリウスα(愛称:鳥取エクスプレス)に向かうと右前輪のタイヤがパンクしてました。世話になってるディーラーの仕事始めは5日からで、タイヤ交換は出来ません。「これはしょうがないわ。残念だな~、年始からガンガン仕事したかったのに、こりゃできないな~、いや~残念だわ~」とにやけ顔で腕組みしましたが、いい歳をした社会人なので、「必死で打開策探りましたが無理でした、断腸の思いで今日は仕事できません」と言い訳をせねばならず、一応努力はするのです。で、タイヤ交換用のスペアタイヤを探しますが、ありません。最近の車は中々パンクしないのと、重量軽減のためにスペアタイヤを積んでないのです。

 

「よっしゃ確定!」っと思った瞬間、JAFの存在に気が付いてしまいました(JAFを知らない方にお教えすると、一般社団法人日本自動車連盟と言いまして、会員になると車の突発的な故障や各種トラブルに対して、駆け付け対応してくれる大変心強い、優秀な組織なのです)。無駄に気が付いた自分の脳みそを恨みます、何時もはカナブンぐらいの演算能力なのに、なんでこんな時に限ってカブトムシぐらいの能力が出てしまうんだろうか!

 

まあでもこの年始ですし、帰省ラッシュも始まってて車のトラブルも多いでしょう、「タイヤのパンクごときで行けるかボケ」を期待しましたが、元気に「1時間ぐらいで行きます!」と言って頂けました。で、来て頂いてからは、「パンクの状態によっては修理が出来ない可能性があります」と聞き、再び希望の光が灯ったのですが、15分後には元気に修理完了してました。

 

いやーまいった、恐るべきJAFの力。正月三が日ぐらいはごゆっくりされてても良いような気がする中、頭が上がりません。折しも三越伊勢丹が、三が日は休業検討ってニュースを見ましたが、それが許されない仕事をしている方々に我々は支えられているんだなという事を実感致しました。

 

「次の現場があるので」と、颯爽と去っていったJAFのおじさま、カッコ良かったです。

コケる乗り物

f:id:UESUN27:20170113135417j:plain

12月30日は毎年バイクの走り納めと決めてるので今年も走ってきました。奈良の針から月ヶ瀬、京都の山城と、このクソ寒い中よく走るなと我ながら思いますが、好きなんだからしょうがない。

 

バイクに乗ってる人は、乗ってない人から「バイクって危なくないですか?」って聞かれるのがデフォというか、バイク乗りの皆が年10回ぐらい聞かれてる。で、「安全運転してたら大丈夫ですよ」とか爽やかに答える人がたまにいるけど、アレは嘘だから。100%嘘、危ないに決まってるでしょ。車って停車してて横に倒れますか?倒れないでしょ、機械として安定しているのです、話の分かる奴なのです。対してバイクは停止状態だと倒れます。自らを自らで支えれない、この時点で機械として不安定なのです。安全運転しててもコケる時はコケる、路面凍結でもコケるし、落ち葉でもコケる、赤信号で停車して、片足で支えようとしても、下に予期せぬ砂利なんかあろうもんならコケる。停まってる状態でもコケる可能性あるなら、そら動いてる時コケるのも当たり前。危ないですよハッキリ言って。

 

じゃあなんで乗るの?って聞かれた時、中々説得力のある答えが出てきません。ただ強いて言うなら、お笑いのケンドーコバヤシさん(バイク好きです)が、「なんでバイク乗るんですか?」と聞かれた際、「なぜ乗らないの?」と返してましたが、もうこれが全て。その問いをするのなら先ずは乗ってみて欲しい。その上で「なんでバイク乗るんですか?」って聞かれたらもう参りましたと言わざるを得ないのです。